2011年03月31日

子宮内膜症

私の生理が楽になった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)
私の生理が楽になった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)

子宮内膜症とは?

子宮内膜症というのは、

「本来は、子宮内にのみ発生する子宮内膜が、別の部位に発生する症状」です。

この子宮内膜は女性の月経とともに増えて生理で排出されます。

その子宮内膜が子宮外で発生し付着するのが子宮内膜症で、ほとんどが骨盤の範囲内の部位に発生します。

子宮内膜が別の位置で発生するということは、月経が近づくにつれ子宮以外の部位でも生理が発生するということになります。

子宮内膜症の主な症状が


*痛み
*出血


です。

ですが痛みがほとんどないという場合でも子宮内膜症がかなり進行しているという場合もあるので症状には大きな個人差があります。


私の友人も子宮内膜症でした。

彼女の場合は、ある日、ものすごい腹痛に襲われて、病院に行ったら、子宮内膜症だったんです。

その時には、かなり症状が進行していて、お医者さんに、

「どうしてこんなになるまで放っておいたんだ」

って言われていましたが、きっとそれまで自覚症状が無かったんでしょう。

恐ろしいなって思いました。。


子宮内膜症の原因は?strong>

子宮内膜症の原因はいまだはっきりとはしていません。

ですが、

「月経血が欄干からお腹の中に逆流し、そのままとどまってしまう」

という説が現在有力視されています。

この説が広がっていることから、

「タンポンを使用していると子宮内膜症になりやすくなる」

という説が一部広まっていますが、これは信用しなくても良い情報です。

実際にタンポンが月経血を腹腔内で吸っているのはありますが、タンポンがなかった時代にも子宮内膜症はあり、タンポンが登場後も子宮内膜症が劇的に増えたということもありません。

ちょっと様子がおかしい時や、生理痛がひどい時などは、婦人科に行ってみてもらいましょう。

特に、若い女性の場合、将来「妊娠」という大事な事があるかと思います。

「子供が欲しい時に産める体」を作っておくためにも、何か不安がある場合は、すぐに産婦人科に行くようにしましょう。

そうする事が、子宮内膜症も含め、女性の病気の早期発見に大事な事です。

私の生理が楽になった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)
私の生理が楽になった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)


posted by 爽子 at 19:33| 子宮内膜症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。