2012年06月12日

生理 イライラ

私の生理が楽になったのはこれのお陰ですぴかぴか(新しい)
私の生理が楽になったのはこれのお陰ですぴかぴか(新しい)

生理 イライラ

「あ。あの人、イライラしているから生理だ」

なんて男性が言っているの聞いた事ありません?

漫画とかでもそんなシーンみますよね。

本当に生理でイライラするのでしょうか?

人にもよりますが、生理前や生理中、イライラする女性はいますね。

私もその一人です。

理由もなく生理前はイライラする事があります。

イライラして、

「なんでこんなにイライラしているんだろう?」

って思ったりします。

たまに人に八つ当たりして、自己嫌悪に陥ったりします。

生理前や生理中のイライラを緩和する方法

今回は、そんな生理の時のイライラを緩和する方法についてです。

私も長い間イライラに悩まされて、自己嫌悪に陥る事が多かったので、自分で実践しているものです。

効果がありますよ。

ぜひ、生理の時のイライラで悩まされている人は試してみてください。

・適度な運動をする

生理中に激しい運動はかえって良くないので、ストレッチやヨガなどで、ほど良い運動がリラックスも出来て、ホルモンバランスも整えられます。

私は少し外を歩いて、深呼吸します。

すごくリフレッシュされます。
 
生理の時は呼吸が浅くなっているような気もします。

なので、意識して深呼吸して深くまで息を吸うと、体がリラックスします。

呼吸が浅いと、体が緊張するんですよ。

生理のイライラが出てきたら、意識して呼吸を深くするといいですよ。かわいい

・十分な睡眠をとる

睡眠不足はホルモンバランスが乱れてしまう大きな原因です。

もともと、私は睡眠不足になると、イライラします。

それに生理も加わると、本当に具合が悪くなるので、生理の時は、できるだけ沢山寝るようにしています。

まあ、生理の時は眠いので、それに逆らって寝不足になると、それだけでイライラするのかもしれません。

・身体を冷やさない

冷えは女性の大敵!とも言われるように、ホルモンバランスや自律神経が乱れる原因となるので、生姜などの身体を温めてくれる食材を使った料理を食べて、代謝を上げましょう。

生理の時は、体が冷えやすいです。

できるだけ、体を温める食べ物を積極的に食べましょう。

あと、温かいシャワーを浴びます。

生理が重い時は湯船に入れないので、熱いシャワーを浴びたり、足湯をしたりします。

生理の時、足湯をするといいですよ。

足って意外と冷えているんです。

生理の時は特に足が冷えているので、足湯をするとすっごい温まりますよ!

あまりにもイライラがひどい人は一度産婦人科に行きましょう

それでも症状が改善されない場合は、産婦人科に相談をしてみましょう。

漢方薬や低容量ピルなどの薬でイライラを緩和する効果が得られると思います。

生理によるイライラ…、本当に憂鬱ですが、ご自信に合った改善方法を見つけて、少しでも楽に過ごせるといいですね。

自分と上手に付き合っていく事が大切ですよ。かわいい

一生付き合っていく自分の体ですからね。

私の生理が楽になったのはこれのお陰ですぴかぴか(新しい)
私の生理が楽になったのはこれのお陰ですぴかぴか(新しい)


posted by 爽子 at 00:00| 月経前症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

生理 むくむ

私の生理が楽になったのはこれのお陰ですぴかぴか(新しい)
私の生理が楽になったのはこれのお陰ですぴかぴか(新しい)

生理 むくむ

生理前になると顔がむくむんですよね・・

私は生理前になると、顔がむくみ、目が小さくなります。

「昨日、泣いた?」って聞かれた事もあります(笑)

どうも調べたら、生理前に顔や体のむくみがある人は多いようですね。

私も生理前になると、顔や体がむくむせいか、体重が増えますね。

そんなに食べていないのに体重が増えたり、お腹のあたりがむくんでたら、

「うーん・・?生理かな?」

って思います。

そしたら、だいたい数日後とかすぐに生理がくる事があります。

女性は生理前に顔や体がむくみやすいんですよ

 女性は、生理前に、顔のむくみや、体のむくみが出る傾向があるんです。

生理前は、ホルモンバランスが崩れやすいことが関係し、生理前にむくみが出るんです。

 生理前は、女性ホルモンが比較的弱まり、男性ホルモンが強く出やすい傾向があります。

そのため、顔のむくみやにきびなどの、嫌な症状が出やすくなるんです。

私も生理前はニキビや肌荒れ、むくみなどに悩む事が多いですね。

 生理前のこれらのむくみの症状を軽減するには、女性ホルモンの働きをしてくれる食べ物を摂取するといいんですよ。

ホルモンバランスの崩れを和らげながら、生理前のニキビやむくみなど嫌な症状を緩和してくれます。

ホルモンバランスの崩れを和らげる方法

 まずホルモンバランスの崩れを和らげる方法です。

*ストレスと上手に生きていく

生理前でホルモンバランスが崩れるのは、体の仕組み上、仕方ありませんが、その際にストレスを溜め込むと、顔のむくみやにきびが悪化します。

 これは、過度なストレスは、ホルモンバランスの崩れを助長するためで、その結果皮脂の分泌が促進されてしまったりむくみが起きたりしまうのです。

なのでストレスをため込まないで、上手に発散するようにしましょう。

ストレスは、生理前のむくみやニキビだけでなく、生理不順などの原因ともなります。

なので、ストレスと上手に生きていくようにしましょう。

*女性ホルモンの似た働きをしてくれる食べ物を上手に摂取する

 また、食べ物の中には女性ホルモンに似た働きをしてくれて、ホルモンバランスの崩れを修正してくれるものがあります。

 その代表的な食べ物が、

・大豆
・いちじく
・ローズヒップティー


などです。

納豆も女性の健康にいいとされています。

納豆の大豆に、ホルモンバランスを整える作用がある事によるものです。

 生理の少し前には、納豆などを積極的に食べるようにするとむくみなどの症状を軽減する事ができるとされています。

生理が原因の顔や体のむくみ対策

 また、生理が原因の顔むくみや体のむくみの対策法として、ビタミンB6やマグネシウムを摂取することが良い対策法になります。

*マグネシウムの働き 

マグネシウムには利尿作用があり、体内の水分量を調節する働きがあります。

マグネシウムには、体内の水分を腸に集める働きもあり、腸に残る宿便を体外に排出させやすくする作用があるとも言われています。

マグネシウムを多く含む食べ物として、

・ホウレンソウなどの緑黄色野菜
・のり
・ひじきなどの海藻類

などがあるので、これらを上手に食事に取り入れることが生理前のむくみ対策にいいですよ。

*ビタミンB6の働き

 ビタミンB6には、マグネシウムの働きを助け、ホルモンによるむくみを解消する効果があると言われています。

 生理前にはホルモンバランスの関係で、ビタミンB6やマグネシウムが不足するのです。そのため、生理前は、顔や体がむくみやすいのです。

 そのため、生理が原因の顔のむくみや、体のむくみの対策法としては、ビタミンB6を多く含む、

・豚肉
・大豆
・いわし
・かつお
・さば
・玄米
・小麦胚芽


などを積極的に食べ、そして、マグネシウムを含むものも一緒に食べるように心がけるのがいいですよ。

私も食べ物に気をつけるようになってから、生理前のむくみや肌荒れが本当に良くなりました。ぴかぴか(新しい)

 生理前の顔のむくみや体のむくみに悩んでいる人は、ぜひ、試してみて下さいね!

毎日食べているものが体を作っていると考えると、自分の体の状態を見ながら、食べ物を調節していったらいいですよ。

人の体は千差万別です。

自分の体が発している「サイン」を読み取り、何を多く摂ったらいいか、何を減らしたらいいのかを上手に加減していくのが、健康に元気に生きていくポイントだと思います。

私の生理が楽になったのはこれのお陰ですぴかぴか(新しい)
私の生理が楽になったのはこれのお陰ですぴかぴか(新しい)
posted by 爽子 at 00:00| 月経前症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

月経前症候群

私の生理が楽になった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)
私の生理が楽になった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)

月経前症候群(PMS)

月経前症候群(PMS)とは、月経前1〜2週間頃から月経開始までの時期に現れる身体的・精神的不快な症状を総じて月経前症候群といいます。

この原因として排卵を促すさい、黄体ホルモンや他体の機能が一事変化し様々な症状が現れます。

一例として

*体に水分が溜まりやすくなり体の一部が張る
*乳房の痛み
*眼圧の変化により眼球の痛み
*手足のむくみ
*脳の水分が多くなることによる精神的症状
*耳内の水分貯留によるめまい、吐き気
*月経前は太りやすいというのもこの水分の貯蔵により1、2キロ増減する場合があります。

これらは月経後にほとんどが治ります。

この他に月経前症候群には血糖値の低下があります。

これにより

*月経前になると食べたくてしょうがなくなること
*めまい
*集中力の低下
*体が思うように動かなくなる場合もあります。

この低血糖状態ですが、脳の血糖値不足が続いているとアドレナリンが分泌するようになりだんだんとイライラするようになってしまいます。

これは脳の栄養が足りないために体の危機を感じ分泌されるもので、イライラ対策として、月経前症候群を感じたさいには炭水化物などを含む食品をよく噛んで食べましょう

脳の栄養にはブドウ糖のみをエネルギーに代えることができるので良く噛んで食べてみてください。

抑うつ

月経前症候群には、「抑うつ」というものがあります。

突然気分が落ち込み、孤独や、絶望感、自責的な至高が強くなり、消えたくなる、死にたくなるという衝動に駆られる場合があります。

これは月経前症候群の後期にセロトニンという脳内の分泌物質が分泌異常を起こすことにより症状が起きるとされています。

対策・予防策

まずこの月経前症候群を治療や対策をすることで重要なのがこの月経前症候群を良く知ることです。

症状の始めは月経の1〜2週間前から始まり、月経の開始とともに軽減、消失すること、体や精神への症状を自らよく認知するだけで安心できます。

まずはこういった症状を覚えて身体的または精神的名不安を軽減させていきましょう。

次は克服するための行動です。

その方法として、

*体を温める:特に下腹部あたりには女性特有の子宮がありその部分が冷えてしまうと子宮の活動が悪くなりホルモンのバランスが崩れこういった症状の原因になります。

*十分な睡眠をとる:ホルモンをコントロールしているのは脳で、その脳を休ませる、そして体を休ませるためにも睡眠は欠かせません。

良い睡眠を得る方法として

・寝る直前にストレッチを行う
・寝る1〜2時間ほど前に十分気を休める
・リラックスできる服装で寝るなどがあります。

*適度に運動をする:この運動は運動の強さではなく、軽く体を動かす程度の運動を定期的に続けることが重要になります。

*代替療法:この代替療法にはハーブやサプリメント、ハーブティーがあります。ハーブなどの香りには気持ちを落ち着け、体の調子を整えてくれるものがあるため自分にあったものを探して見ましょう。

私も、たまに気分がどん底になって、

「私ってなんて存在価値が無いんだろう」
「私はなんてできない人間なんだろう」

と何か特別が事があった訳でもないのに、精神的にどん底になる事があります。

大抵、その数日後に生理になるんですよ。

最近では、突然、すっごく落ち込んだら、

「あ。。生理かな?」

って思います。

そういう時は、お風呂にゆっくりつかって早く寝ますね。

大抵、そういう時に、仕事をしても勉強をしてもはかどりませんし、友達の飲みにいっても面白くないですからね。

自分の生理について知って、仲良く付き合っていきましょうぴかぴか(新しい)

私の生理が楽になった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)
私の生理が楽になった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)
posted by 爽子 at 19:33| 月経前症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。