排卵 オリモノ

2012年07月10日

排卵 オリモノ

私の生理が楽になったのはこれのお陰ですぴかぴか(新しい)
私の生理が楽になったのはこれのお陰ですぴかぴか(新しい)

排卵 オリモノ

「オリモノが多いな」って思った事、ありませんか?
いつもはそんなに多くないのに、たまにオリモノが多い時や、オリモノがドロッと卵の白身みたいな時とかありませんか?
「生理」だけでなく、オリモノも体の周期に合わせて変化があるんですよ。
なので、「オリモノ」のリズムを観察する事で、「排卵期」を知る事ができるんです。
なので、妊娠したい人は、「オリモノ」を観察して、「排卵」の時期を知るんですよ。
今回は「オリモノと排卵」の関係についてです。

排卵とは?

「卵巣の中の卵胞が成熟し、卵巣の壁を破り卵管に出ること」を排卵といいます。
生理だけでなく、排卵日付近でも体の変調があるですよ。
それで、オリモノや体調に変化が現れるんです。
生理にばかり多くの人は目がいくのですが、「排卵日」の付近でも気をつけていたら体に変化が出てるのが分かると思います。

排卵日のオリモノの特徴

排卵日のオリモノは、「粘度の高い」のが特徴です。
オリモノを指につけて伸ばすと10cm近く伸びることもあるんですよ。
オリモノの色の変化は、卵白のような状態から透明になります。
また、排卵日のオリモノは、水に入れても固まりのまま溶けないということもあげられています。
排卵日以外のオリモノは水に溶けると言われています。
排卵日のオリモノが水に溶けないのは、受精を助ける作用なんですよ。
なので、妊娠を希望している人は、オリモノの状態をみて「排卵日」を知り、その日にエッチをする事で、妊娠の確率を上げるんですよ。

排卵日付近の体調の変化

排卵日付近では、体調の変化が生理程ではないですがあります。
*排卵痛
*排卵出血
*体重の増加

があげられています。
それぞれについて、ちょっと詳しく説明しますね。

*排卵痛
下腹部が痛むことを「排卵痛」といいます。
人によって多少差がありますが、症状としては、痛みや、チクチクしたりします。
私も、排卵痛があります。
私の場合は下腹部が「チクチク」と痛みます。

*排卵出血
「排卵日の前後に出血が起こること」を排卵出血といいます。
排卵出血は、生理の時以外の出血なので、不正出血と区別がつきにくいかもしれません。
排卵出血は、月経との中間で起きることから、別名「中間出血」とも言われています。
日頃から、基礎体温をつけたり、オリモノの状態をチェックしていれば、「排卵出血」と「不正出血」を見分けがつくと思います。
私はおりものの状態で「排卵日」がだいたい分かります。
そして、たまにそのオリモノに「血」が混じったりします。
「あれ?ふらふら
と思う時もありますが、オリモノと生理の周期から考えて「排卵出血だな」って推測する事ができます。
私の場合、その時以外の不正出血が無いので、「排卵出血だな」って分かります。

*体重増加
排卵期の体重増加が起こる傾向があります。
女性にとって「体重増加」は悩ましいですよね。
これは、ホルモンの作用で、体液を貯留するために体重増加が生じるのです。
排卵が起ると分泌される黄体ホルモンは、妊娠の準備のために、子宮内を卵子の着床に適した状態を作るのです。
ダイエットも、生理周期を考えてやるといいですよ。
「生理周期とダイエット」については、記事を書くので、そちらを参考にして下さいね。

私の生理が楽になったのはこれのお陰ですぴかぴか(新しい)
私の生理が楽になったのはこれのお陰ですぴかぴか(新しい)


posted by 爽子 at 00:00| Comment(0) | 生理痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。