生理 少ない

2012年06月03日

生理 少ない

私の生理が楽になったのはこれのお陰ですぴかぴか(新しい)
私の生理が楽になったのはこれのお陰ですぴかぴか(新しい)

生理 少ない

生理の量が少なくなった・・
生理がすぐに終わってしまった・・

などの症状がみられたら、注意が必要です。

「生理の量が多いより少ない方が、多いよりは楽だしいいわ!」

なんて悠長な事を言っていると、大変な事になるかもしれませんよ。

生理の量が少ないのに加えて、生理の周期がバラバラなんて方は特に気をつけましょう。
背後に病気が隠れている場合もあります。

生理の量が少なくなる原因として考えられる事

生理の量が少なくなる原因として考えられることです。

*生理の量が少ない原因@ 妊娠

生理の量が少ない原因の1つとして、妊娠の可能性があります。
妊娠したら生理は来ないんじゃないの?と思われる方が意外と多いんですが、実は着床する際に出血することがあるんです。
妊娠の可能性がある方は、一度検査薬や病院で検査しましょう。

*生理の量が少ないA 無排卵月経

生理の量が少なくなる原因として無排卵月経の可能性もあります。
・2ヶ月以上ずっと生理の量が少ない
・生理の周期がバラバラ
の人に無排卵月経の可能性があります。

「月経は起こっているのに排卵していない状態」を無排卵月経といいます。

若い方は、月経の周期がまだちゃんと出来ていなくて、無排卵月経が起きている可能性もありあす。なので、でそこまで気にしなくても大丈夫です。
月経の周期ができたら、普通の生理になるでしょう。
しかし、無排卵月経の症状が半年以上続くようなら、一度産婦人科を受診しましょう。
何か、他に原因があるのかもしれません。

月経がきてからある程度時間が経っている方で無排卵月経の方は、なんらかの原因(ストレスや何らかの病気、他に飲んでいる薬などが原因かもしれません。)があって無排卵月経がおこっていると考えられます。
ちゃんと産婦人科を受診しましょう。
医師の診察を受けて、規則正しく生理がくるようにしましょう。
「子供を産みたい」
と思った時に、生めなくなってしまいます。

生理は女性に生まれた証でもありますし、子供が生める体である証でもあります。
「生理」を理解し、生理と上手に向き合っていきましょう。
生理は貴方の体のバロメーターとなり、貴方の体の様々な様子を教えてくれます。
「生理」を観察すると、自分の体やメンタルの状況がわかりますよ。

私の生理が楽になったのはこれのお陰ですぴかぴか(新しい)
私の生理が楽になったのはこれのお陰ですぴかぴか(新しい)


posted by 爽子 at 00:00| Comment(0) | 生理痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。