生理 ホルモン

2012年06月04日

生理 ホルモン

私の生理が楽になったのはこれのお陰ですぴかぴか(新しい)
私の生理が楽になったのはこれのお陰ですぴかぴか(新しい)

生理 ホルモン

生理がどうやって起こるのか?

生理と女性ホルモンはとっても密に関係しています。

今回はホルモンと生理の関係についてです。

女性にとってホルモンは大切なものなのですが、意外と知らないものなんですよね。

とっても大事な話ですので、知っておいて下さいね。

一週目

月経が終わり、次の周期の一番初めの一週間です。

その第一週目にまずは卵胞ホルモンが分泌されます。

卵胞ホルモンホルモンが分泌されると、卵子が成長し、排卵の準備をします。

子宮内膜もやわらかくなり、排卵の準備を始めます。

第二週目

第二週目、成長した卵子が排卵されて、卵管を通って子宮へ流れていきます。

この時期に精子と出会うと受精卵となって新しい命が生まれるのですが、何もない場合はそのまま流れていきます。

ホルモンも卵胞ホルモンと一緒に黄体ホルモンも出始めます。

第三週目

第三週目、黄体ホルモンの量が増えていき、月経へ向かっていきます。

子宮内膜も受精の準備で蓄えてきたものが一番多くなる時期です。

妊娠しているとこの時期に受精卵が着床するのですが、何もなければこのまま生理へと向かいます。

第四週目

第四週目、妊娠しなかったので、子宮内膜は不必要となり外へと出されます。

これが生理です。

黄体ホルモンが減り、また卵胞ホルモンが出てくる準備をします。

そして、また第一週目に戻って繰り返していきます。
このように、ホルモンが代わる代わる体に指令を与えてくれるので、生理の周期が出来ます。

生理とホルモンはとても密接しているのが分かりますよね。

女性の体は様々なホルモンの周期があるので、ストレスなど様々な理由で、この周期が崩れると、生理のリズムが崩れてしまいます。

「妊娠したい」「いつかは子供が欲しい」と思っている若い女性は、自分の体を大切にしましょう。

規則正しく生理がくるという事は、妊娠をする上でも重要な事です。

私の生理が楽になったのはこれのお陰ですぴかぴか(新しい)
私の生理が楽になったのはこれのお陰ですぴかぴか(新しい)


posted by 爽子 at 00:00| 生理痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。