2011年06月17日

卵巣の病気

私の生理が楽になった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)
私の生理が楽になった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)

卵巣の病気

卵巣という部位は下腹部の奥にあり、何か異常が出たとしても自覚症状がほとんどない部位です。

結果、早期発見が難しい場所でもあります。

この卵巣という部位はそのほかに腫瘍が出来やすいという事実もあります。

腫瘍にはいくつも種類があり、放っておけば茎捻転という症状にも悪化してしまいます。

卵巣の病気の中には卵巣がんというものもあります。

一般的に卵巣がんは40代以降に多いとされていますが、最近では20代でも卵巣がんになるというケースも増えてきました。

このほかに卵巣を繋ぐ卵管に炎症を伴う場合もあります。

この炎症は卵巣の炎症と併発する場合がほとんどです。

こういった病気の可能性はありますが、卵巣の病気の早期発見は難しく自分で定期的に確認し何か気になる点があれば産婦人科で検査してもらうことがいいでしょう。

・おなかがポコンと出てきた
・ウエストが太くなった
・下腹部に圧迫感やひきつれを感じる
・下腹部にしこりがある
・下腹部が痛い
・生理がなくなり、不正出血がある
・頻尿や便秘
・腹痛がある
・発熱、吐き気がある

こういった症状に思い当たるふちがあれば検査してもらうほうがいいでしょう。

茎捻転とは..

茎捻転というのは卵巣に腫瘍が出来た際、どんどん卵巣が腫れ上がった場合などに卵巣が自重で沈み卵管やじん帯などに絡まっていく状態です。

この状態になるとじん帯を通る血管が圧迫されて腫瘍がさらに大きくなり、放置していけば組織が壊死し、他の部位にも癒着していきます。

私の生理が楽になった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)
私の生理が楽になった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)


posted by 爽子 at 16:47| 卵巣の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

不正出血

私の生理が楽になった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)
私の生理が楽になった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)

不正出血とは?

不正出血とは、

「性器から生理時以外の出血した場合」に、不正出血とされます。

この不正出血の原因としては子宮に関する異常がある場合が多く、子宮の異常も様々です。

不正出血のほかにも自覚できる症状があれば原因の特定に役立てるので、他の症状があればしっかりと記憶しておきましょう。

他に検査に必要な情報として基礎体温の記録なども重要になるので、出血の期間のほか記録しておきましょう。


また、不正出血はアフターピルでも起きる場合があります。

アフターピルとは、モーニングピル、緊急避妊薬というもので、避妊に失敗してしまったさい飲むホルモン剤で、この効果は出来るだけ早く内服したほうが効果が高いとされています。

このアフターピルの副作用に、

・吐き気
・頭痛
・不正出血

があります。

不正出血の治療法

不正出血にはその原因や体調によって止血剤や、低用量ピル、排卵誘発剤などの薬をしようする場合があります。

特にホルモンバランスが崩れたさいに起こる不正出血にはホルモン注射をする場合もあり、これら薬剤を使用した場合にはある程度の副作用もありますのでかかりつけの先生によく相談しましょう。

この治療には年代によって方法が大きく異なり、思春期などの若い世代では、生理的なバランスが取れてない場合が多く、ある程度の経過観察場合があります。

更年期による不正出血では出血が止まりづらい場合が多く、血液検査や更年期を迎えているかなどをきちんと判断する必要があります。

私の生理が楽になった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)
私の生理が楽になった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)
posted by 爽子 at 19:33| 不正出血 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。